CEO三田村ブログ INFORMATION

EPSONのブランド名の由来について


こんにちは、社長の三田村です。

前回のブログ
“『BUSINESS SOLUTIONZ』。
本来Sであるはずの最後の文字ががなぜ『Z』なのかについて一言。”
に引き続き、

今回は、EPSONのブランド名の由来について一言。

CANON のブランド名の由来とキノンのヤはャ(小文字)ではないという話は以前、
弊社のブログで紹介したと思いますが、今回は、EPSONのブランド名の由来について書きます。

CANONとEPSON、弊社はどちらのメーカーさんともお取引いただいていますが、市場では、インクジェットプリンター、レーザープリンターではこの2社が2TOPといったところでしょうか。

1942年に長野県諏訪市にて有限会社大和工業として設立、
セイコー腕時計の部品製造組立工場として出発。

東京オリンピックで公式時計を担当し、その後1968年に世界初の小型電子プリンターEP101を発表しそれがヒット商品となる。

Electoric Printer 101というヒット商品の後を引き継ぐ素晴らしい製品、息子(SON)が生まれるようにとElectoricのE、PrinterのP、と息子のSON、それらを組み合わせ、今のEPSONとなったようです。

上記が、由来ですが、この考えを元に、弊社の製品へのネーミングをふと考えました。

株式会社 東洋=To-Yo, 息子(SON)=TYSON,タイソン!

なかなか力強いと思いませんか!?

自社開発を行っているソフトへのネーミングが濃厚です。とか一人で考えながら、5月3日のボクシング、パッキャオ対メイウェザー戦が脳裏のどこかにあるのかなーなんて思う今日この頃です。

弊社自社開発サービスについてはこちら
task_performer quest_plus